スロットをやる際には、目押しが必要になってきます。
最近のAT機では必要がないこともありますが、
ほとんどの台では、目押しができないと子役を取りこぼしてしまい、
損をしてしまいます。

目押しミスで子役をこぼしてもしにしない人が多いですが、
金額を改めて計算するとかなりの額を損しています。
技術介入台では、目押しが出来ないと機械割りがかなり下がってしまいます。
しかし目押しができるとスロットは一気に楽しくなります。

まずは、リールのすべりがやビタどまりが楽しくなります。
普段なら上段に押したら下段でとまりはずの7が枠下まですべっていったり、
普段は止まらない位置に7図柄がビタ止まりしたときなどは、
テンションがあがります。

目押しの練習方法としては、見える図柄を正確に狙う練習をすることです。
何度も練習を行っていると徐々にタイミングを覚えてきます。
スロットのリールの1回転に掛かる時間は、決まっているのでタイミングを覚えてしまえば、
目押しは簡単にできます。

オンラインカジノスロットTOPに戻る